主な機能:運用支援機能

クライアント復元

学生機を再起動すると、自動的にPC環境を復元。

共用物である学生機は、勝手に環境設定が変更されるとトラブルの原因になることも。クライアント復元機能を使うと、再起動するだけで元の環境に戻すことができ、常に一定のPC環境を保つことができます。

自動復元

学生機の環境が勝手に変更された場合でも、学生機を再起動するだけで、あらかじめ設定しているPC環境に戻すことができるので、常に同じ状態で端末が利用できます。

自動復元のイメージ図

復元の有効/無効切り替え

管理者がアプリケーションをインストールするときなどに、復元機能を一時的に無効にすることができます。

復元除外フォルダの指定

ソフトウェアの自動アップデート機能などで、最新状態でなければならないファイルやフォルダを、復元対象から除外できます。

ソフトウェア起動

リモート操作でソフトウェアを起動。

管理機から学内端末のソフトウェアを起動・終了できます。例えば、図書館の開館に合わせて図書検索ソフトウェアを起動するなど、運用効率化をお手伝いします。

ソフトウェア起動のイメージ図

教室分割・統合

実際の教室利用形態に合わせて、システム上の教室を分割。

1つの教室を分けて授業する場合に、SKYMENU Universityに登録された学生機を分割して、それぞれ別の教室として扱うことができます。また、複数の教室を1つの教室として扱うこともできます。

教室分割・統合のイメージ図

レイアウト設定

実際の座席配置に合わせて、学生機の表示をレイアウト。

教員機画面に表示される学生機のレイアウトを、実際の教室の配置に合わせて自由に変更できます。また、表示レイアウトはワンタッチで切り替えることができます。

レイアウト設定画面

電源管理

設定したスケジュールで電源ON / OFF。

図書館などにある学内端末は、あらかじめ設定したスケジュールに合わせ、自動的に電源のON / OFFやログオン・ログオフができます。

電源管理の利用イメージ

トップページに戻る
このページの先頭へ

※ 掲載している画面・内容はすべて開発中のものです。また、画面およびスクリーンに表示されている画像はすべてはめ込み合成です。